自己紹介

21年7月
YOICHI (本名:柿澤 邦雄)
オールドシニアの〜日々のつぶやき〜です。
     
「与一の里」に住む1938年生れのオールドシニアで群馬県高崎市出身です。1973年に【新工場建設の技術責任者】として栃木県大田原市に来ましたが、工場建設後も残ることになり家族共々移住しましたが子供達も独立し今は二人暮らしになりました。
工場建設の思い出写真集   
1994年6月(55歳)に労作性狭心症で心臓バイパス手術をし、途中退社した時は絶望の淵に立たされました。しかし医師、家族、友人に助けられ今日まで生かされてきましたことに感謝しています。
    
退社後、自宅静養中に以前からビジネス交流のあった韓国企業のオーナーから技術指導を懇願されました。このオーナーは入院中に韓国から病院までお見舞いに来てくれた人なので、毎月1〜2週間のみ訪韓しての現役中に培った「ものつくり」の指導を引受けて以来、20年間継続し、2015年末に77歳で技術顧問を退任しました。
              
これからの生き方が大切
「健康第一で謙虚に感謝の心」で暮らしたい。
 
雑誌「山と渓谷」(2017-1)に紹介されました。

紹介されました(2012-10)。
大田原市男女共同参加広報紙
[3554KB pdfファイル]

 韓国政府から受賞しました(2011-9)。
 

YomiuriWeekly(2003-6)に紹介されました。

東洋経済日報
電機機器雑誌
趣味はパソコン、山登り、読書、写真、コーラス、旅行、喜寿から始めた水彩画と韓国語会話は毎日苦戦中です!!

時々訪韓して民間レベルの日韓交流の手助けをやっています 


韓国滞在中の65歳の時に韓国人の仲間に誘われて初めて山登りを経験しました。

以来、韓国の山登り100山の達成が夢になりました。昨年からコロナで97山で止まったままになっています。

韓国へ「再開の旅」
(2022-11)



 

TOPへ戻る